矯正治療の成功ポイントをご案内

矯正治療の成功のポイント

治療を始める前のポイント

Point:自分に合った治療法を選ぶ

「予算内で済むかどうか」「歯を抜くかどうか」「期間が短く済むかどうか」など一つのことに偏るのではなく、総合的に見て「自分に合った治療法かどうか」を優先して選ぶようにしましょう。

Point:セルフケアをしっかり行う

Point3:セルフケアをしっかり行う

矯正装置をつけるとブラッシングがしづらくなり、虫歯や歯周病が発症しやすい環境になってしまいます。治療中、虫歯や歯周病ができてしまったら、そちらの治療を優先しないといけなくなります。そのため、治療を始める前から毎日しっかり隅々までブラッシングする習慣をつけておきましょう。

治療中の3つのポイント

Point1:定期的な通院

矯正装置を装着後、歯を理想の位置へ移動させる為にワイヤーを微調整しながら、歯にかかる力を序々に上げていき、少しずつ歯を移動させます。その為、治療中は定期的な通院が必要になります。通院の間隔があいてしまった場合、治療前に立てた治療期間より長引いてしまう為、定期的に通い続けるようにしましょう。

Point2:食べ物に気をつける

Point2:食べ物に気をつける

硬い物を強く咬むとその衝撃で装置が外れたり壊れたりしてしまうので、氷やアメなどを咬まないように気をつけてください。また個人差はありますが、矯正装置をつけた直後や、調整直後は咬みしめにくくなり硬い物を食べ辛くなる事もあります。ですが、数日で慣れますので、日常生活に支障はありません。

Point3:寝る前は時間をかけてブラッシング

Point3:寝る前は時間をかけてブラッシング

矯正装置をつけていると普段より歯垢が溜まりやすくなり、虫歯や歯周病の原因になってしまいます。虫歯や歯周病が発症してしまうと、矯正治療を中断してそちらの治療を優先することになるため、就寝前に、時間を掛けて入念にブラッシングしましょう。

治療後のメインテナンスの重要性

矯正装置を外したら治療完了ではありません。矯正装置を外すと歯は元の位置へと少しずつ戻ろうとするのです。そこで、矯正装置を外したら保定装置(リテーナー)を装着し、保定期間に入ります。

リテーナーとは?

リテーナーとは矯正装置による動的治療を行って噛みあわせと歯並びを整えたあとに、後戻りを防ぐために使用する装置のことです。動的治療直後は、歯の根の周りの骨はしっかり固定されておらず、不安定な状態にあり、移動したところからもとの位置へと戻ろうとする力が加わってきます。そのため、移動させた歯が新しい位置になじむまでの期間、歯を固定して後戻りを防ぐのです。矯正装置は歯を移動させるもの、リテーナーは歯が動かないように保定させるもの、といったようにそれぞれ違う役割があるのです。

なお、取り外し式リテーナーに関しては、日中は装着が難しいと思いますので、毎日寝る時は必ず装着するようにしましょう。

矯正治療費はこちら

オンライン診療予約

インターネット無料相談

  • PAGE TOP